■転職で絶対失敗したくないアナタへ!年収倍増の転職方法ランキング!


1位 三流大学卒が超難関の外資系に転職し年収1.7倍にした方法
・不況が続く買い手市場の転職業界で転職のライバルに
 圧倒的な差をつけて採用を勝ち取る非常識な転職成功術!
・図解138ページ・音声解説11時間半/メール&対面サポート付
・今だけ履歴書、職務経歴書、志望動機のサンプル付き!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆

2位 28日間で転職人生が変わる【HST PROGRAM】
・学歴もスキルもない、選考40社で不採用通知を受けた男が
 大企業から採用されるようになった秘密を人事採用のプロが公開!
・自己分析シート、不定期メールレポートなど特典も満載!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆☆

3位 最強の転職マニュアル「幸せをつかむ」転職術
・何をやっても成果がでなかったダメサラリーマンが退職後24日で
 年収を180万円アップさせ居心地のいい職場への転職できた方法
・現役キャリアアドバイザーの音声ファイルはじめ5大特典を付与!
・管理人お勧め度 ☆☆☆☆

転職成功者から支持され圧倒的人気No.1!人気の転職マニュアル!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓



■退職届けの常識を知る


退職する際は、退職願、退職届を出すことになりますが、退職願と退職届はどう違うのか、すこし迷うかもしれません。退職願は、会社との雇用契約の解約を申し出る書類です。この場合、会社が承諾することで解約、つまり退職となります。退職願は、出した時点では、まだ退職とはならない、ということを知っておくべきでしょう。また、相手が承諾するまでは、本人の意思で撤回することができるのも特徴です。

これに対し、退職届は、退職について上司が承認していることを前提として、書面にて形式的に退職を届け出ることを言います。退職届は、会社への最終的な意思表示であり、届が受理されると、即、退職となります。ただし、退職願と異なり、特別な事情がない限り、一度提出すれば、撤回はできません。また、退職願を提出し、退職自体が受理されると、退職届として扱われることもあるようです。

退職届を出すことで、本人の意思で退職したこととなり、自己都合退職となります。会社側は、本人が自分の意志でいつ辞めたか、という証書として退職届を受理します。本人が提出した退職届は、会社は拒むことができません。退職は本人にとっても大きな転機となるものなので、できるなら、ある程度慎重に、退職願として提出するのが望ましいようです。

退職願の表題も、「退職届」とせず、自分から会社へ申し出て承認された上、退職するという意味で、「退職願」とするほうがふさわしいとされています。ただし、リストラなどで会社を辞めることになった場合は、「退職届」でも良いでしょう。 既に転職先が決まっているなど、退職の意思が明確になっている場合も、退職届、ということになります。しかし、次の就職先を伝えたりする必要はありません。書式はあくまでシンプルな、定型どおりにすることです。

■本サイト人気コンテンツ


★ 退職願いの書き方について
退職願はよほど特別な事情がない限り、シンプルなもので構わないので、定型どおりに書けば問題ありません。退職願いを書く際、日付は、上司と相談し、退職する日を決めて、日付を・・・続きを読む

★ 退職の挨拶について
正式に退職が決まり次第、社会人のマナーとして、職場でも、報告を兼ねた退職の挨拶は必要と言えます。やはり職場の上司や周りの人たちには、きちんと挨拶するべきと言えます・・・続きを読む

★ 退職の理由について
退職の理由は、業績悪化などの会社の都合以外には、いわゆる、一身上の都合、というものがあります。一身上の都合と言っても、人間関係や、仕事が自分に合わないなどいろいろ・・・続きを読む

【その他人気項目】
◆ 雇用保険の適用
◆ 退職後の保健手続き
◆ 各種税金について
◆ 雇用保険の利用
◆ 給付制度を利用する
◆ その後の就職活動